大阪の穴場のデートコースやスポットとは?

大阪は西日本最大の繁華街をもつ都市ですので、デートスポットはたくさんあります。しかしいつ行ってもカップル達で一杯、もしくは観光客で一杯というデートコースではその内飽きますし疲れの方が大きくなってしまうことでしょう。都会の一般的なデートスポットは阿倍野ハルカスや梅田のスカイビル、天保山の海遊館、USJ、心斎橋のアメリカ村。自然が一杯のデートスポットでは箕面の滝、天王寺動物園、関西サイクルスポーツセンターなど。では一般的ではない、知る人ぞ知る大阪の穴場のデートスポット、コースはどんなものがあるでしょうか。
まずはここ。とても変わった経験をカップルで望むなら、不思議な世界が味わえる平野区平野にある全興寺です。ここはなんと、地獄の釜の音が聞こえる穴が開いた石だとか、鬼のたて看板が案内してくれるだとかのお寺さんです。メインは地獄堂で、中には怖い人形がたくさん並んでいます。地獄堂の外には「極楽度・地獄度チェック」という機械があり、自分は極楽行きか地獄行きかを教えてくれます。夏にピッタリのちょっとぞっとするスポットです。ボタンで選択するたびに大きな声で解説してくれますので、一人では少し恥かしいかもしれません。
食事の後にカップルでお酒を楽しみたいならここ、大阪市中央区にある「潜水艦バー」。見つけることから大変なバーですが、路地の先にあります。重厚な鉄のドアを開けるとそこは確かに潜水艦の中。ちゃんと水の中に潜っているかのような音も演出として流れています。席はカウンターとテーブル席があり、トイレもユニーク。鉄のドアを上へと押し上げて入る仕様になっています。コンセプトが潜水艦なので閉所恐怖症の方には厳しいかもしれませんが暗くて本当に海の中にいるような雰囲気を楽しめるでしょう。
そして最後は大阪を代表するといっていい観光コースの、新世界が舞台です。ここ新世界の中にそこだけ未だに昭和の世の中であるようなゲームセンターが存在しています。名前は「かすが娯楽場」。全てのテーブルゲームが破格の50円で遊ぶことが出来て、朝から酔っ払った男性やカップルなどがそこここで遊んでいます。昔懐かしいゲームがずらりと並び、オレンジ色のライトが昭和時代のキャバレーを髣髴とさせます。かなり独特の雰囲気なので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、恋人といくのであれば面白いでしょう。一度は試しで行って見ることをおすすめします。